「素髪ケアってやったほうが良いの?」の答えを可視化してみた

こんにちは!カマクラです。

昼間はホント暖かくて春丸出しですね!

ずっとこれくらいの気温が良いと思ってるんですけどボケちゃうかなー。

 

さて、今回はサロンワークでもたまに聞かれる

「素髪ケア」ってやった方が良いの?にお答えします。

 

 

素髪ケアとは

 

パーマ・カラーなどのケミカル施術をすると、髪の中にダメージの元となる成分が残留します。

これは1度のシャンプーではすぐに抜けず、しばらく残留し続ける為、お家に帰ってからでもダメージをし続ける原因となってしまいます。

それを少しでも取り除いてあげるのが素髪ケアです。

ダメージの元を取り除く為、結果パーマやカラーの持ちにも繋がります。

 

素髪ケアはやって頂けるなら確実にしてもらった方が良い

 

オープンしてもうすぐ半年になるのですが、オープン前にお店のメニューを考える時に非常に迷ったのが

素髪ケアをパーマ・カラーメニューに組み込んでしまうかどうかです。(特別な日のトリートメントをメニュー化するかも同じくらい悩んだのですがそれはまた別の機会に)

必要であるという考えは持っているのですが、選択できる事と、お客さんにヘアケアの意識を持って欲しいという想いからパーマ・カラーの単価を下げ、別メニューにする事にしました。

※こちらのブログもご参考に

ヘアダメージを進行させない為にまずして欲しい1つの事

 

僕はサロンワークでヘアケアをゴリ押しすることはしません。それは空間、接客スタイルなど色んなことを天秤にかけそうしています。美容師としてキッチリお伝えする事も大事なんでしょうけどね笑

 

ブログで大切なことはお伝えして選択して頂ければ良いかなーと思っています。

 

 

実験してみました

 

さて本題です。

素髪ケアはコーティング系トリートメントの様にめちゃくちゃツヤが出たりツルツルになる様な劇的な変化がない為、やった実感を感じにくい方もいます。

なので「やった方が良いのか?」という疑問を持つのですが、それを見て感じ取れる実験をある有名美容師さんのブログで見つけたので僕も実際にやってみました。

 

あくまで可視化する事に着目してますので通常行わない手順だったり、細かい部分は省きますね。

 

 

カラーというのは写真の様な1剤と2剤を混ぜて髪の中で発色させます。

カラーの1剤だけ、2剤だけを髪に塗布しても発色はしません。

髪の中に実際にダメージの元が残留しているのかと、素髪ケアで取り除けているのかを見る為、1剤と2剤を別々に塗布し髪の中で混ぜる様なイメージで実験していきます。

 

まずは毛束を用意します。

これ、実際にお客さんがバッサリいった時にもらったパーマカラーもしていない完全な地毛です。(許可もらってます)

写真ではわかり辛いけどちょっと明るめの地毛です。

 

 

まずは2剤のみを髪に塗布していきます。

 

しばらく時間をおいて一度流し、片方のみ素髪ケアを行います。

 

時間はおかず、馴染ませたら直ぐに流し、今度は1剤を塗布。

 

 

ここでお昼食べにいきました笑

 

なので40分近く時間が立ったと思います。

流して乾かした結果がこちら。

 

全ての写真の右が素髪ケアを行った毛束です。

 

左のほうが明るくなっているのがわかりますか?分かりますよね?

ね?

分からないですか?

 

実際だともっと分かりやすいのですが、写真だとちょっとわかり辛いと思うので光に透かして見ます。

 

余計わからん笑

 

 

なのでもっと分かりやすくしてみようと思って同じ工程で1剤に少しブリーチを混ぜてもう1度やって見ました。

もちろんお昼を食べに行くのも忘れません。

 

その結果がこちら。

 

これすごい分かりませんか?

素髪ケアを行った方もわずかに明るくなっていますが、あきらかに左が明るくなってます。

 

この結果からダメージ成分が髪に残留する事と、素髪ケアで除去出来ることが分かります。

今回は2剤の除去しか行っていませんが、素髪ケアは1剤のダメージ元の除去もします。

 

まとめ

 

今回は可視化が目的だったので通常しない工程で実験しましたが、素髪ケアの効果がわかってもらえたと思います。(正直ぶっつけ本番だったので結果が出なかったらどうしようかと思いました。結果が出なかったらブログに出来ない。。あぶねー笑)

劇的な変化が無いので意味を感じない方もいるのですが、実は効果を実感しているお客さんもいます。それは今まで美容室でのパーマカラー直後に必ず強力なコーティング系トリートメントをしてた方です。

何故かは分かりますよね?ダメージの元が残留しているのに蓋をするわけですから。

(リンクを貼ったブログにも書いてありますが僕も昔はそれが正しいと思っていました。すみません!)

 

ショートでも1〜2年、ロングなら4〜5年分の髪が今日の髪として残っています。その間に何回カラーするでしょう。

傷ついた髪は回復することはありません。どんなに良いトリートメントをしても。

大事なのは如何にダメージさせないかなんです。

 

それを踏まえてみなさんには正しい選択をして欲しいと思っています。参考になれば幸いです!

 

 

 

 

ご予約はLINE@、またはメールにて承ります。お気軽にご連絡ください!

ご予約、ご質問はこちらから☟

友だち追加

cocami

完全予約制

定休日  火曜・第3日曜

受付時間 9:30〜18:00

MAIL   cocami.hair@gmail.com

Continue Reading
1 3 4 5 6 7 28